美容学校の資格について

美容学校に通ったのちに国家試験を受けて合格すると美容師の資格を取ることが出来ます。昼間2年制や昼間3年制、通信3年制など自分にあった資格の取り方を選んで美容専門学校に通うことが出来ます。通信教育は、サロンに勤務しながら家やサロンで練習をし、家に送られてくるレポートをこなしていきます。完成したレポートを郵送します。その繰り返しです。夏休みなど昼間制の生徒が休みの期間にスクーリングをします。2週間程度朝から学校へ行きます。実技と筆記の勉強をします。国家試験の勉強は普段のサロンワークとは全然違うのでとても大変です。サロンワークをこなしながらの勉強になるので、昼間制の生徒に比べると合格率は下がります。しかし、国家試験合格後は、サロンワークでの即戦力になります。美容師をやる上で美容学校へ通い、国家資格を取ることは必要不可欠です。

美容学校で取得できる資格の種類

美容学校で取得できる資格の種類には、実にたくさんのものがありますが、近頃はメイクやネイル、エステなどの分野に関心を持つ若者が目立っています。美容業界に進みたい場合には、在学中から関連する資格を取得することによって、就職活動の際のアピール材料として役立てることができます。また、就職実績の良い美容学校については、入学希望者を対象としたオープンキャンパスなどのイベントがしばしば開催されることがあり、様々な資格の特徴や取得までの道のりをチェックするうえで、絶好のチャンスとして捉えられています。もしも、こうした学校の選び方について迷っている場合には、美容に関連するビジネスの特徴について、早いうちから知識を身に着けることが肝心です。そして、各方面のプロに相談をすることで、スムーズに進路を決めることが可能です。

美容学校で取れる資格について

美容学校で取得する事の出来る資格はたくさんあります。代表的なものは国家資格である美容師ですが、それ以外にもネイルやメイクまでありとても幅広いです。驚くことに、成人式を迎える人などに行うへの着付けなどもあります。美容師は指定の専門学校などで昼間部で2年、夜間部で3年必要科目を履修する事で受験のチャンスが得られます。平成10年以前に美容の学校を卒業した場合はこの通りではないです。実務経験が一年以上である場合に美容師国家試験を受けられます。美容学校は手に職をつけたいという人にオススメです。自分の興味関心に合わせて仕事に直結する学びが出来ます。座学よりも資格取得や技術向上という目的のために実習が多くある事が特徴です。多くの学校で取得できるものごとにコースを設けているので、自分の就きたい仕事に合わせてコースを選ぶとさらに充実した学校生活になります。

Scroll to top