社内の健康管理業務はアウトソーシングの時代

労働者にとって、健康管理は重要です。健康管理を怠って、体調を崩し会社を休むこととなると業務に支障をきたす場合があるからです。他の人に業務を頼むのも気が引けるものです。そのようなことがないよう、近年では企業で健康管理業務を自社や、アウトソーシングするところが多くなってきました。健康管理体制を整備する為に、50人以上の労働者が在籍する企業は、事業場の中から三産業医や衛生管理者などを選出する必要があります。50人以下の企業の場合には、地域の産業保健サービスを利用するようにしましょう。衛生委員会設置して、面接指導などを実施し、長時間労働によって労働者に健康障害が出ないかどうかについての調査や審議を行うようにすることも大切です。1年に1回、労働者に対して健康診断を行うことも義務づけられています。

企業が労働者に対して行わなければならない健康管理とは

健康管理業務を自社で行う場合もアウトソーシングする場合もどちらにも共通することで、時間外労働に関することが定められている36協定では1週間ごとに時間外労働の限度時間が定められているので順守するようにしましょう。過度な時間外労働をした結果、過労死したりメンタルにダメージをきたすなど、身体的にも精神的にも労働者に支障をきたす可能性があるからです。その為には、全ての労働者の始業と終業時刻が把握できるように、タイムカードなどを活かして勤務時間が記録できるようにしておく必要があります。他にも、年次有給休暇の取得を推進したり、定期的に労働時間の見直しを行ったりするなどして労働者が快適に働ける職場環境を整えるようにしましょう。月に45時間以上、80時間以上といった残業時間がある労働者に対しては、面接指導を行ってメンタルケアに配慮するとともに、適切な事業措置をとることも大切です。

健康管理業務をアウトソーシングするには

自社で健康管理業務を行っているところもありますが、アウトソーシングするという手もあります。健康管理業務をアウトソーシングすることによって得られるメリットの1つとして、健康管理業務におけるノウハウの習得や人材の育成にかかる手間と費用を抑えることができるところにあります。また、産業医の選出や、衛生委員会開催のサポートを、プロが行ってくれるので安心して任せることができます。過重労働によって、労働者側から企業が訴えられるケースなくすといった、雇用リスクを低減することもできます。一般的に健康管理業務のアウトソース機関は、様々な医療機関と繋がりが強いところが多く、企業にとって適切な医療機関を選定してくれるところも魅力です。企業や労働者が、働き方に対しての悩みや不満などをくみ取ってくれ、それらを解決するために最適な提案をしてくれるので健康管理業務のアウトソーシングはおすすめです。

就業上の措置が必要と判断される場合、意見書を作成して面談記録とセットで管理することができます。 健診受診率や保健指導実施率を高めたい! 導入までの手間要らず、クラウド型健康管理システムです。 データ管理人数(ID)数に応じたクラウド利用料です。 従業員サイトはスマートフォン・タブレットに対応しています。 健康情報サイト『+Wellness』でお得なキャンペーンを実施中です。 健康管理業務のアウトソーシングをご検討中の方へ