アウトソーシングすることで健康管理業務はどう変わる

従業員やその家族の健康管理業務をアウトソーシングする企業が増えてきています。企業は過重労働に対する健康への配慮義務があります。何かあったときに損害賠償問題とならないよう専任の産業保険担当者をつけるのですが、保険担当者のみですべてを管理するのはなかなか難しいです。アウトソーシングでの健康管理を行えば、健康診断実施の管理や継続した健診データの分析、必要な時に産業医と健康について相談できる仕組みや福利厚生としての健康増進運動などさまざまな健康を守る役割を担ってくれますので、社内での業務負荷も減らすことにつながります。会社の要望に応じてプランを考えてもらえ、カスタマイズしたサポートを受けることができます。従業員またはその家族の健康管理を委託できれば本業にも集中することができます。

健康管理業務のアウトソーシングにおけるサポート内容

健康管理業務のアウトソーシングでは、項目としてまず健康診断のサポートがあります。ストレス社会や過労死などが社会問題となってきている中で、従業員の健康管理はより企業に求められています。経営者が従業員に対して健康診断を行い、疾患の予防や早期発見に努めることが義務付けられていることもあり、健康診断スケジュールの計画から準備、実施、結果報告、データの解析などを委託してサポートしてもらえるのは企業にとっても大変心強いです。また健康管理サポートとして、産業医の選任や職場の巡視、衛生委員会の設置など産業保健活動のバックアップもしてくれます。サポート内容は企業ごとにカスタマイズされ、費用や要望を踏まえ企業側の立場に立って考えてくれます。保険事業の制度変更などにも迅速に対応してもらえますので安心です。

健康管理業務をアウトソーシングすることで得られるメリット

健康管理業務は通常業務に加えて行うとなると大変煩雑であり、追いつかない状態になりがちです。また健康管理といわれてもどんなことを行えばよいのか、何が必要なのかわかりにくいものです。アウトソーシング化すればそういったわずらわしさから解放され、企業としても効率がよいです。また従業員が健康に対し個々の意識を高めることにもつながるため効果的です。健康診断の情報集約業務は特に大変で、アウトソーシングすれば大きな成果を生み出せること間違いなしです。健診の受診率を上げたり、健診後の保健指導に力を入れメタボ率を減少させたりと取り組みに応じた効果も出せます。ストレスチェックなどメンタル面での健康管理にもサポートがあり、これからの時代欠かすことのできない健康管理業務をすべてお任せできるメリットは大きいです。